リサ・アッツシュナイダー

リサ・アッツシュナイダーは、2019年にIASのChief Executive Officer(CEO最高経営責任者)に着任しました。今後はIASのグローバル市場へのビジネス拡大と、動画や音声などのデジタルコンテンツを含むIASの製品・サービスの向上につとめてまいります。

直近では、2017年7月にYahooがVerizonに買収されるまで、YahooのCRO(Cheif Revenue Officer/最高売上責任者)として、同社のグローバル営業組織をリードし、世界中の広告主のニーズに応えてきました。

YahooのCRO着任以前は、Amazonでグローバル広告営業のVice Presidentをつとめ、プロダクト、マーケティング、営業、オペレーション戦略責任者としてグローバル広告ビジネスを牽引し、継続的な収益増加をもたらしました。また、それ以前はマイクロソフトで10年間、戦略的な広告ビジネス組織を率て製品開発、営業面でデジタル業界のスタンダードをリードし、顧客満足と売り上げ増を達成してきました。マイクロソフトにおける最終ポジションは国内営業およびサービスチームのGeneral Managerで、同社のオンライン広告における最上位顧客の売り上げの最大化に貢献するとともに、米国におけるデジタル広告商品にgo-to-market手法を開発しました。

リサ・アッツシュナイダーはこれまでにIAB(Interactive Advertising Bureau)の役員と執行委員会メンバー、Ad Council のボードメンバーも務めており、Adweek 50や、ビジネスインサイダーの「モバイル広告で最も影響力のある女性(Most Powerful Women in Mobile Advertising)」、ニューヨークビジネスジャーナルの「ウーマン・オブ・インフルエンス(Woman of Influence)」、そしてワーキングマザーの「最もパワフルなママ50人(50 Most Powerful Moms)」にも選ばれています。ベイツ・カレッジで学士課程を、ニューヨーク大学で行政学の修士課程を修了。現在、夫と二人の娘とともにコネチカット州在住。