マイカは、企業及び商取引、コンプライアンス、訴訟、知的所有権などの諸問題についての法務アドバイザーとして、2014年にIASに入社。
Jones Day国際法理事務所でFortune 500や中小の民間企業に有価証券や会社法に関するアドバイザーとしてキャリアをスタートしたのち、Sadis&Goldberg LLPで企業管理や会計業務のシニアアソシエートとしてヘッジファンドおよびプライベートエクイティファンドの構築および形成、ならびに企業の取引業務を担当。直近ではビデオコンテンツ管理サービスおよびソフトウェア企業のPiksel Incで法務顧問を務めています。
ホバートカレッジにて哲学の学士号を取得。チューレン大学ロー・スクールで法務博士号も授与されています。