2011年にIAS入社。スコットはブランドセーフティから広告分析全般に至るまで、IASのサービス拡大に貢献してきました。彼のリーダーシップのもと、IASは広告のビューアビリティ、不正、ブランドセーフティ、広告インベントリーの品質評価の業界スタンダードを築きあげ、2015年にはフォーブスの「America’s Most Promising Companies(アメリカで最も有望な企業)」の15位にランク入りしました。また「The Inc 5000 of List America’s Fastest Growing Companies(アメリカで急成長を遂げる企業5000社リスト)」に3年連続で掲載されています。スコットは、急速に拡大しているIASのヨーロッパ、アジア諸国向け事業に対しても指揮をとっています。

インターネットテクノロジー、デジタル広告、および従来メディアにおいて、18年以上にわたるグローバル経験を持ち、IASのCEOに就任する前は、オーディエンスターゲティングおよび評価測定プラットフォーム Apertureの創設者兼社長として業績をあげました。それ以前は、ダブルクリック社の上級幹部として6年間、オーストラリア、日本、中国、台湾、ニュージーランド、韓国など9カ国で広告ネットワークの立ち上げと開発を指揮。また、タイム・ワーナー社とアンダーセン・コンサルティング社にてマネージメントの職務経験もあります。

ハーバード大学でMBA、プリンストン大学で学士号を取得。