消費者にリーチし影響を与えるために、デジタル広告は効果を大きな発揮します。
その一方で、デジタル広告が持つ複雑性が理由で「広告は消費者に見てもらうことで成立する」という最も基本的な原則を忘れがちです。
IASは「検証・最適化・分析」の3つの柱を通じて、ブランドメッセージを適切な環境で適切なユーザーに適切に届けることを可能にします。

ベネフィット

クロススクリーン

実行可能なデータ

グローバル

独立した第三者機関

 

自信を持った予算投下

御社の広告がご希望の掲載場所や掲載時間、方法で展開されているか否か検証します。そして、広告を不正や不適切なコンテンツ/メディアから保護します。独自の計測技術を駆使し、広告が実際の人間にリーチして視認され、ブランドに適切な環境、言語、マーケットで展開されるようサポートします。仮定や推測は一切なく、ボットに騙されることもありません。

よいものを更に向上させる

毎日5,000億回以上のメディアクオリティ計測を行い、そのデータをもとに数々の受賞歴を誇るデータサイエンスチームがモデルを開発。このモデルにより、実施中の広告キャンペーンの最適化を行うことができます。リアルタイムでのインプレッションの遮断や入札前ターゲット設定、アクションに直結したデータを提供することで、ご期待以上の成果を容易に実現いたします。

広告が生む真のインパクト

デジタル広告においては瞬間毎の分析が重要です。IASでは、ユーザエクスペリエンスを深く掘り下げることで、ブランドとパフォーマンス評価指標を最大限引き上げているキードライバーを見極めます。基本計測をはるかに上回る高度な方法を用いて、消費者の広告体験を解読し、消費者行動を最も効果的に掻き立てる広告掲載頻度や期間、配信パートナーの選択と、実行可能なインサイトを提供いたします。

Dummy section for locate footer

Get the answers you need

ご質問やご要望をお知らせください。御社に適したソリューションをご提案いたします。