取引条件

INTEGRAL AD SCIENCE, INC(およびIntegral Ad Science Japan 株式会社)標準取引条件

以下の取引条件(以下「本標準条件」といいます)は、お客様とIntegral Ad Science, Inc および Integral Ad Science Japan 株式会社(以下「IAS」といいます)の間で締結された、Integral Ad Scienceキャンペーン実施契約(以下「IO」といいます)又はIntegral Ad Science作業記述書(以下「SOW」といいます)に(場合に応じて)記載されるIASの製品及びサービス(以下「本サービス」といいます)の利用に適用されるものとします。お客様が会社又はその他の法的組織を代表して本標準条件を締結している場合、お客様は、当該法的組織を本標準条件に縛る法的な権限がお客様にあることを表明することとなり、その場合「お客様は」又は「お客様の」という表現は、当該組織を意味するものとします。お客様にかかる権限がない場合、又はお客様が本標準条件のいずれかの条件に同意しない場合、IASは、本サービスを利用するライセンスをお客様へ供与しません。本標準条件と該当するIO又はSOWとの間に矛盾がある場合、該当するIO又はSOWが適用されます。

お客様は、本標準条件の最新バージョンをいつでも以下のサイトで確認することができます: https://integralads.com/terms-and-conditions。IASは、お客様へ通知せずに新バージョンを掲示することにより本標準条件を変更することができます。かかる変更後に本サービスを利用すると、かかる変更を受け入れたことになります。

  1. 本サービスの利用
    (a)  本標準条件及び以下の第2条に基づく料金の支払いを前提として、IASは、IO又はSOW(場合に応じて)に掲載された本サービス及びIASデータ(以下で定義します)へアクセスし、利用するライセンスをお客様へ供与します。
    (b)  お客様は、IASからお客様へ提供された該当する報告要件及び/又は実施仕様書を遵守することとします(これには、IASからお客様へ提供され、本サービスの提供に関連して使用される、広告タグ、広告ユニット・オーバーレイ又はその他のコードの適切な挿入及び除去に関連するあらゆる仕様書を含みますがこれに限定しません)。
    (c)  お客様は、本サービスに関連して提供されるデータ又はIASデータを以下の目的のために収集又は利用することを試みないこととします:ユーザープロファイル若しくはインベントリープロファイルのセグメンティング、リターゲティング、作成若しくは補足、又はインタレストカテゴリの作成、補足若しくは修正、又は第三者に対するシンジケーション若しくはその他の頒布。
    (d)  お客様が、本サービスの一環としてログレベル・レポーティング(以下「LLR」といいます)を受領する場合、かかるLLRは、お客様がお客様自身の報告目的のためにのみ使用することができます。上記規定を制限することなく、第1条(c)に記載される制限は、お客様によるLLRデータの利用に適用されるものとします。お客様に代わりIASが収集するLLRデータは、データマネジメントプラットフォーム(DMP)、デマンドサイドプラットフォーム(DSP)、トレーディングデスク、エクスチェンジ、ネットワーク、及びサプライサイドプラットフォーム(SSP)など(これに限定しません)内部又は第三者の技術パートナーへ渡してはなりません。
  2. 料金
    (a)  お客様は、該当するIO又はSOWに記載されたすべての料金をIASへ支払うものとします(以下「本料金」と総称します)。異論のないすべての本料金は、払戻し不能であり、請求書の受領から30日以内にACH送金又は電信送金により支払われるものとします。お客様が、請求された本料金の妥当性に異論を唱える場合、お客様は、かかる異論の詳細を記載した速やかな書面通知を30日以内にIASへ提出しなければなりません。請求書の一部のみに異論を唱える場合、お客様は、本第2条の条件に従って、異論のないすべての金額を支払わなければなりません。IASが部分的支払いを受け入れることは、異論が唱えられた金額を放棄したことになりません。本料金がインプレッション数により計算される場合、かかる本料金には、キャンペーン終了後又は該当するIO若しくはSOWの終了後に、1つ以上のタグを除去しないというお客様の不履行の結果として発生するインプレッションを含むことができます。IASは、不払いの書面通知の受領から15日後に支払われていない金額がある場合、当該支払いが延滞している期間について未払残高につき1カ月当たり1.5パーセント(又は法律により認められる最高利率のほうが低い場合は、その低いほうの利率)相当の延滞料を請求する権利を留保します。お客様が適時に支払いを行わない場合、お客様は、かかる金額の回収においてIASに発生したあらゆる合理的な経費(弁護士報酬を含みます)について責任を負うこととします。加えて、お客様は、本サービスに関連するあらゆる税金について責任を負うこととします(IASの純所得に基づく税金を除きます)。
    (b)  両当事者は、該当するIO又はSOWに掲載された料金についてIASがその単独の裁量で変更できることに合意します。IASは、価格変更がある場合、少なくとも30日前にお客様へ書面通知を提供するものとします。料金変更の通知後にお客様が本サービスの利用を続けることは、かかる更新料金をお客様が受け入れたことになるものとします。本書において反対の趣旨の記載があっても、お客様は、当該料金変更を容認できない場合、IASへ書面通知を発することにより本標準条件を終了することができます。
    (c)  お客様が、お客様のIO又はSOWにおいて、一定の本料金を支払うメディアパートナーを特定した範囲において(以下「メディアパートナー料金」といいます)、お客様は、当該メディアパートナーがIASから当該メディアパートナーへ送付され有効に発行された請求書についてIASへの支払い送金を怠る場合、当該メディアパートナーからの延滞の本料金の回収においてIASを支援するため商業上合理的な努力を尽くすことに同意します。お客様は、お客様により特定されたメディアパートナーがIASに対する支払い送金を怠る場合、メディアパートナー料金について責任を負うものとします。
  3. 知的財産
    (a)  IASは、本サービスのあらゆる部分、並びに以下に該当するデータ及び情報におけるあらゆる知的財産権及びその他の財産権を現在所有しており、所有し続けるものとします: (i)お客様による本サービスの利用に由来する、若しくはお客様に対する本サービスの提供を通じてIASにより収集されるデータ及び情報、並びに/又は(ii) 当該情報を含むあらゆるリストその他の記録など(これに限定しません)上記のいずれかから派生するデータ及び情報(以下「IASデータ」といいます)であり、それぞれさらに該当するIO又はSOWに記載されているもの。お客様は、本サービス又はIASデータに含まれる情報を、IASの事業と競合し得る方法で使用、移転、頒布、又は処分しないことに同意します。お客様は、IASからの書面による事前承認なく、以下のことをしてはなりません、(i) IASデータを第三者へ売却、再販、ライセンス供与、頒布、移転、その他利用すること、(ii) IASデータ全体、若しくはIASデータの実質的な同等物を公的に開示すること若しくは出版すること、(iii) ホワイトリスト若しくはブラックリストを作成するためにIASデータを利用すること、(iv) IASデータ若しくは本サービスのリバースエンジニアリング若しくはこれを試みること、又は(v) 第三者に上記のいずれかを行わせること。お客様は、本サービス上に表示される著作権、商標、又は特許表示を除去せず又は覆い隠さないこととします。本書の下でお客様へ具体的に供与されないあらゆる権利は、IASにより保持されます。
    (b)  お客様は、本サービスに関連してお客様が使用するコンテンツ及びマテリアルにおけるあらゆる権利を現在所有しており、保持するものとします(以下「お客様マテリアル」といいます)。IASは、本サービスを提供することにより、お客様マテリアルにおけるいかなる権益も取得しません。上記規定にかかわらず、お客様は、お客様に対して本サービスを提供するために必要な範囲に限り、該当するIO又はSOWの期間中にお客様マテリアルを使用する限定的なライセンスをIASに供与します。第1条に記載された限定的な権利を除き、お客様は、IO、SOW、又は本標準条件を締結することにより本サービスにおけるいかなる権益も取得しません。
  4. 秘密情報
    (a)  「本秘密情報」とは、非公開の専有情報、技術情報及び非技術情報(製品情報、計画及び価格設定、財務、マーケティング計画、事業戦略、顧客情報、データ、工程、技法、研究及び開発、ソフトウェア、ハードウェア(ハードウェア構成情報を含みます)、API、仕様、設計、概略図、手続き、及び専有のアルゴリズムを含みますが、これに限定しません)、営業秘密又はノウハウ(研究、製品計画、製品、サービス、顧客、顧客リスト、ユーザー名及び情報、市場、ソフトウェア、開発、発明、工程、公式、技術、設計、図面、エンジニアリング、ハードウェア構成情報、マーケティング、財務、又はその他の事業情報、並びに当該情報を反映するあらゆる分析、編集、研究その他を含みますが、これに限定しません)であって、書面又は口頭により直接又は間接的に一方当事者(「開示当事者」として)から他方当事者(「受領当事者」として)へ開示されるものを意味します。本秘密情報には、以下の情報を含みません、(i) 開示当事者から受領当事者に対する開示の時点で受領当事者が知っている情報であって、そのことが受領当事者の書面記録により証明されるもの、(ii) 受領当事者の不法な行為によらず、公知になった若しくは一般に利用可能になった情報、(iii) 開示権限を有する第三者から受領当事者が正当に受領した情報、又は(iv) 本秘密情報を利用することなく、受領当事者が独自に開発する情報であって、そのことが受領当事者の書面記録により証明されるもの。
    (b)  本書において別段の定めがある場合を除き、受領当事者は、本契約の期間中又はその後、本サービスの運用以外のいかなる目的にも本秘密情報を使用せず、又は本秘密情報を第三者へ開示しないものとします。本秘密情報は開示当事者の単独の財産にとどまるものと解釈し、合意します。受領当事者は、あらゆる本秘密情報を常に機密に維持するものとし、かかる本秘密情報の無許可の開示を防ぐためあらゆる合理的な予防策を講じるものとします。受領当事者は、本書の下で明示的に意図された場合を除き、開示当事者の書面による事前の同意なく、いかなる場合も本秘密情報を第三者に公表若しくは開示せず、又は他の方法でアクセス可能にしないものとします。上記規定にかかわらず、受領当事者は、裁判所、行政機関、又は他の政府機関の命令又は要求により要求された範囲において本秘密情報を開示することができますが、この条件として、受領当事者は、当該開示要求についての速やかな通知を最初に開示当事者へ提供し、許される最大限の範囲で秘密性を維持するものとします。
    (c)   本標準条件の終了時、又は本標準条件の期間中若しくはその後のいつでも、受領当事者は、開示当事者の書面による要請に応じて、開示当事者の本秘密情報のあらゆる複製を、書面、電子形態か、その他の形態若しくは媒体によるかを問わず、速やかに開示当事者へ返却するか、又は当該すべての複製を破壊し、かかる本秘密情報が破壊されたことを開示当事者へ書面で証明するものとします。ただし、この条件として、当事者は、法律上若しくは規制上の要件及び/又は内部の書類保存ポリシーを遵守するために本秘密情報の複製1部、並びに自動的に保存されるあらゆる(i)eメールと当該Eメールに含まれる添付書類、及び(ii)電子ファイルを、秘密に保持することができます。返却又は破壊されない本秘密情報(口頭により開示される本秘密情報を含みますが、これに限定しません)は、本標準条件に記載する守秘義務の対象として存続するものとします。
  5. 免責  本サービスは「現状のまま」でお客様へ提供されるものであり、IASは、商品性、特定目的への適合性、及び不侵害の黙示的保証、並びに取引、使用、又は売買の過程から生じる保証を含む(これに限定しません)、明示的、黙示的、又は制定法上のあらゆる保証を明示的に否認します。IASは、本サービスがお客様の特定の要求を満たすこと、又は本サービスの動作に誤り若しくは中断が全くないことを保証しません。IASは、本サービスの動作不能について、又は情報の喪失、その他のいかなる種類の被害、損害、混乱についても、お客様に対して責任を負わないものとします。お客様による本サービスの利用は、お客様の自己責任となります。本サービスを修正した場合、又は別の製品若しくはサービスと本サービスを組み合わせた場合、IASから書面で特別に権限を与えられた場合を除き、いかなる保証も無効になるものとします。
  6. EU個人データ
    (a)  定義 本標準条件において、(i)「管理者」、「処理者」、「データ主体」、「個人データ」、及び「処理」という用語は、EU指令95/46/ECにおいて当該用語に与えられた意味を有し、(ii)「適用データ保護法」という用語は、EU指令95/46/EC及び2002/58/EC(それぞれ、修正、読替え、又は差替えされるものを含みます)並びにそれらの該当する国内の施行を含む、該当するあらゆるプライバシー及びデータ保護法を意味します。
    (b)  本条の適用 本第6条は、当事者が、本サービスを提供若しくは受領する過程で又は本契約に基づく自身の権利及び義務を履行若しくは行使する過程で個人データを処理する場合に限り、その範囲において適用されます。
    (c)  管理者としてのお客様 IASは、本サービスを実施する目的のため、お客様により提供されるデジタル広告に関連する一定のデータを収集し、分析します(以下「広告パフォーマンスデータ」といいます)。お客様は、広告パフォーマンスデータの管理者であり、広告パフォーマンスデータを処理するときはいつでも、適用データ保護法を遵守するものとします。IASは、お客様の事前の同意なく、広告パフォーマンスデータを処理しません。
    (d)  管理者としてのIAS 本サービスの実施には、IASが自己のグローバルな広告パフォーマンスモデル(以下「グローバルモデル」といいます)内でお客様(及び他のIAS顧客)について収集する広告パフォーマンスデータを統合することを含みます。IASは、グローバルモデル内で統合される広告パフォーマンスデータが、個人を(例えば、名前、電話、eメールアドレス、又はその他の詳細な連絡先により)直接特定する情報を含まないことを確保するものとします。IASは、グローバルモデル内の個人データの管理者であり、お客様とIASがデータ移転契約を締結することは、本契約の条件です。
    (e)  協力 いずれかの当事者が、他方当事者が管理者である個人データに関する通信、問い合わせ、又は要請を受領する場合、当該当事者は、速やかに他方当事者へ通知して完全な詳細情報を与え、他方当事者が当該通信、問い合わせ、又は要請に自身で対応するために要求するあらゆる合理的な協力を他方当事者へ提供するものとします。
    (f)   同意及び通知 お客様は、IASが、本サービスの提供においてIASの技術が収集する情報を適用データ保護法に従って合法的に取得し処理することができるようにするため、必要なあらゆる同意(これがある場合)が取得されること、並びに必要なあらゆる通知及び/又は同意取消しの仕組み(これがある場合)が提供されること(該当するパブリッシャー、業界イニシアチブ、お客様によるか否かを問いません)を確保する責任があります。IASは、お客様が上記規定を遵守するために合理的に要請する情報をお客様へ提供します。お客様は、IASが上記規定に関連して適用データ保護法を遵守する(及びその遵守を証明する)にあたりIASを支援するよう合理的に要請する情報及び協力をIASへ提供することとします。
  7. 補償
    (a)  お客様は、IAS並びにその役員、取締役、及び従業員(それぞれを以下「IAS被補償者」といいます)を、以下に起因又は由来する第三者請求、訴訟、又は訴訟手続(それぞれを以下「本訴訟」といいます)に起因又は由来する最終判決においてIAS被補償者に対して裁定される、あらゆる損失、損害、責任、不足額、措置、判決、利子、裁定、制裁金、罰金、費用、又は経費(合理的な弁護士報酬を含みます)(以下「本損失」と総称します)について補償し、防御し、免責することに同意します、(i) お客様が、本標準条件、該当するIO若しくはSOW、又はインテグラルからお客様へ提供される指示書面に違反して、本サービス及びIASデータを使用すること、(ii) お客様が、本標準条件、該当するIO若しくはSOW、又はIASからお客様へ提供される指示書面に違反して、本サービスを利用若しくはアクセスすること、又は(iii) お客様が、お客様による本サービスの利用に関連して該当する法律、規則、若しくは規制に違反すること。
    (b)   IASは、お客様並びにお客様の役員、取締役、及び従業員(それぞれを以下「お客様被補償者」といいます)を、IASにより提供され及びお客様により改変されていない本サービスが、SOWの効力発生日において発行済みの第三者の著作権、米国商標、米国営業秘密、又は米国特許を直接侵害するという請求に起因又は由来する、第三者の本訴訟に起因又は由来する最終判決においてお客様被補償者に対して裁定されるあらゆる本損失について、補償し、防御し、免責することに同意します。本第6条(b)は、本損失が以下から生じる範囲において適用しないものとします、(a)お客様が本標準条件に違反して本サービス若しくはIASデータを使用すること、又は(b) IASによって提供若しくは許可されていない製品若しくはサービスと、本サービスを組合せ、運用、若しくは使用すること。
    (c)   本サービスが、上記の補償に従い著作権、商標、営業秘密、若しくは特許の補償請求の対象になる場合、又は当該事由が発生する可能性があるとIASが合理的に確信する場合、IASは、自身の費用負担及び裁量により、(i) お客様のために本サービスを使用し続けるための権利を確保するか、(ii) それを不侵害にするため本サービスを差替え若しくは修正するかのいずれかを行うこととし、又は(iii) 上記の(i)若しくは(ii)を実現することがIASにとって商業上実施可能でないとIASが自身の単独の裁量で決定する場合、IASは、本標準条件及びSOWを終了し、本料金のうちの比例案分した前払い部分(これがある場合)をお客様へ払い戻す権利を有することとします。上記規定は、本サービスによる著作権、商標、営業秘密、又は特許の侵害に関する、IASの全責任及びお客様の唯一かつ排他的救済を述べるものです。
    (e)   補償当事者の義務は、被補償当事者が以下であることを条件とします、(i) 補償当事者に対し、被補償当事者が補償を求めている請求、措置、訴訟又は訴訟手続について速やかに書面通知を発し、(ii) 防御及び和解の完全な管理を補償当事者に付与し、並びに(iii) 当該請求、措置、訴訟、又は訴訟手続の防御及び和解において、補償当事者の費用負担で、補償当事者に合理的に協力すること。被補償当事者は、自身の費用負担により、自身の弁護士で訴訟に参加することができます。補償当事者は、被補償当事者に対するあらゆる請求の完全かつ最終的な解除が確保されない限り、いかなる判決も黙認せず、又はいかなる和解も締結しないこととします。
  8. 責任の制限  お客様の補償義務、秘密保持違反、又は他方当事者の知的財産権侵害の場合を除き、(A) いずれの当事者も、本標準条件又は本サービスの利用若しくは運用に起因又は関連する特別損害、間接損害、付随的損害、又は派生的損害(使用、データ、事業、若しくは収益の喪失、又は担保費用を含みますが、これに限定しません)について、かかる責任が契約、保証、不法行為(過失を含みますが、これに限定しません)、製造物責任に基づく請求に起因するか否かを問わず、及び当事者がかかる損失又は損害の可能性について知らされていたか否かを問わず、他方当事者に対していかなる場合も責任を負わず、並びに(B) あらゆる訴因及びあらゆる責任理論からの、各当事者の他方当事者に対する累積責任は、直近の12カ月の間にお客様からIASへ支払われた又は支払われるべき本料金に制限され、これを超えないこととします。
  9. 期間及び終了 本標準条件は、該当するIO又はSOWに記載された日に開始するものとし、該当するIO又はSOWに記載された期間に従って継続するものとします。本標準条件は、本書に記載されたいずれかの条件の重大な違反を犯した当事者がその旨の書面通知を受領した日から30日後に終了するものとします。ただし、当該当事者が当該30日の期間内に当該違反を是正する場合はこの限りではありません。IASは、以下の場合、お客様による本サービスの利用を通知なしで直ちに停止又は終了することができます、(a) IASのネットワーク、その事業、評判、若しくは他の顧客への害を防ぐためIASが合理的に必要とみなす場合、又は(b) お客様が、請求書を受領してから90日以内に支払わない場合。本サービスの一部の終了について質問がある場合は、当方にご連絡願います:info@integralads.com。本標準条件のうち、その性質により契約終了後も存続すべきあらゆる規定は、契約終了後も存続するものとし、これには、知的財産所有権規定、保証免責、EU個人データ、補償、及び責任の制限を含みますが、これに限定しません。
  10. 公式声明及び商標の使用  お客様は、IASからの書面による事前承認をその都度取得することなく、(a) 本標準条件及び該当するIO若しくはSOWの下でIASにより提供される本サービスに関し、公的声明・発表、若しくは第三者に対する声明を行わないものとし、又は(b) IASの商標若しくはロゴを使用しないものとします。IASは、自身のウェブサイト及び自身のマーケティング資料にお客様を顧客として掲載する権利を有するものとします。
  11. 雑則  本標準条件及びIO又はSOW(場合に応じて)は、本サービスに関するお客様とIASの間の完全な合意であり、本サービス又は本書の他の主題に関するお客様とIASの間のあらゆる以前の意思表示及び提案(口頭によるか、書面によるか、又は電子的かを問いません)に取って代わります。本標準条件のいずれかの規定が執行不能又は無効と判示された場合、その規定は、本標準条件がその他の点において有効かつ執行可能で存続するために必要な最低限の範囲に制限されるか又は削除されることとします。IASが本標準条件に基づく自身の権利を執行しないことは、当該権利の放棄として機能しません。本標準条件は、お客様に一身専属的なものであり、IASの書面による事前の同意がある場合を除き、お客様が譲渡、移転、又はサブライセンス供与することはできません。ただし例外として、お客様は、お客様の関連する資産又は事業又は持株証券の実質的全部の承継人に対してお客様の権利及び義務を譲渡することができます。IASは、本書に基づく自身の権利及び義務を同意なく譲渡、移転、又は委任することができます。本標準条件の結果として、いかなる代理権、パートナーシップ、合弁事業、又は雇用関係も設けられず、いずれの当事者も、いかなる点においても相手方を縛るいかなる種類の権限も有しません。本標準条件に基づく権利を執行するための訴訟又は訴訟手続において、勝訴当事者は、費用及び弁護士報酬を回収する資格があります。本標準条件に基づくあらゆる通知は、書面で行われ、直接交付されるか受領証返送指定の配達証明郵便若しくは書留郵便により送付された場合は受領された時、又は一般に認められた翌日配達配送サービスによりIO若しくはSOW(場合に応じて)で指定された住所宛或いは本書に基づき書面で適切に指定されたその他の住所宛、翌日配達で送付された場合は送付された翌日に、正当に与えられたとみなされます。本標準条件は、抵触法の規定にかかわらずニューヨーク州の法律に準拠するものとし、各当事者は、ニューヨーク州ニューヨーク郡に置かれた裁判所の専属管轄権及び裁判地に同意します。

2017年10月16日に更新
前標準条件のアーカイブ