News, Press Releases

業界初、デジタル広告の全コストを見える化する新サービス「Total Visibility」提供開始

アドフラウド等による損失コストやサプライチェーン上の各コストを即時把握し、デジタル広告におけるプログラマティック取引のブラックボックス化を解決、透明性や健全性を向上

8月 21, 2020

テクノロジ-とデータでデジタル広告の検証・不正対策を推進するIntegral Ad Science (インテグラルアドサイエンス、本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、代表:藤中 太郎、以下 IAS )は、デジタル広告のプログラマティック取引におけるコストを可視化する業界初のサービス「Total Visibility」の国内提供を開始します。

本サービスを利用することで、デジタル広告で発生する全コストの可視化のほか、アドフラウドの発生やコスト損失もリアルタイムで把握することができるため、デジタル広告のブラックボックス化を解決し、透明性向上につながります。また、広告主は品質の高いメディアの広告枠へ予算を再配分することができ、広告予算をより効果的に活用することが可能となります。

本サービスはAmino Payment 社と独占的業務提携により、2020年4月に米国はじめ海外市場にて提供開始しています。本サービスを活用することで、品質とコスト効率の高いプレースメントに広告予算を配分することで、平均してプログラマティックメディアの支出を10~15%節約できるという結果が得られています。

「Total Visibility(トータル ビジビリティ)」 概要:

昨今、「デジタル広告に投資した予算がどこにいくかわからない」という、ネット広告の不透明さが業界課題として注目されています。本サービスは、デジタル広告のプログラマティック取引における全コストと広告掲載面の品質をリアルタイムで可視化し、広告主が支払った広告費のうち、各媒体、データやサービスに対してプラットフォームごとに質の高いインプレッションに対して「支払われた金額」と、アドフラウドやビューアビリティの低いインプレッションなど、不適切かつ不必要なインプレッションに対して「消費された金額」を選別、把握することができます。

サービス特徴:

  • 低いビューアビリティやブランドリスク、アドフラウドによるコスト損失をドメインレベルでリアルタイムで把握
  • サプライチェーン上のパートナーやプラットフォームごとにアドベリフィケーション指標とコストを検証

ベータ検証にご参加いただいた企業様の実績から、Total Visibilityを活用することで、品質とコスト効率の低いところから高いところへのプレースメントを変更することで、平均してプログラマティックメディアの支出を10~15%節約できるという結果が得られています。

[利用企業] HP社 北米デジタルアクティベーション部門責任者
ジョン・マーシャル(John Marshall)氏コメント:
Total Visibility を利用してすぐ、ビューアビリティが高くプレミアムな広告在庫のコストを70%削減できることが分かりました。最も効率的でビューアビリティが高く、安全な配信経路をリアルタイムで特定できるようになったことで、これまで可視化されていなかった、広告予算投資の意思決定を行うために必要なデータをマーケティング担当者が活用できるようになりました。

IAS社 最高経営責任者CEO
リサ・アッツシュナイダー(Lisa Utzschneider)コメント:
透明性は、業界の信頼を高め進化を促すという私たちのミッションの中核をなすものです。Total Visibilityは業界ではじめて、一つのタグでリアルタイムに広告費が可能な限り効率的かつ効果的に使われているかを確認できるようになりました。Amino Payment と提携し、デジタル広告に最高レベルの透明性をもたらすことができることを、たいへん喜ばしく思っています。

 

Amino Payment社 最高経営責任者CEO
ウィル・ラトレル(Will Luttrell)コメント:
アドフラウドを検出することと、それをトランザクションレベルのデータにさかのぼって追跡することの間には、これまでギャップがありました。私たちのユニークなパートナーシップは、業界のプログラマティック広告取引に関する慣習を変革し、業界関係者全員に利益をもたらします。

報道関係者の方へ

プレスリリース等に関するお問い合わせや取材のお申し込みは、以下のメールアドレスまでご連絡ください。