IABによると、米国内だけでも年間82億ドルものコストを不正インプレッションに費やしています。広告予算がデジタル広告にシフトするなか、実にさまざまな方法で人の目にまったく触れない広告を掲載し、システムを操り利益を得るという不正行為が増大しています。言うまでもなく、このような不正行為は広告コミュニティ全体にネガティブな影響をおよぼしています。違法ボット、不正履歴のあるURL、ページ単位の不正など、IASはいかなる不正行為にも対策を講じています。

Coverage

desktop

Desktop and mobile

display and video icon

Display and video

認定

IASではブラックリストだけに依存した不正対策は不十分と考えます。MRC (Media Rating Council: メディア調査会社の監査および認定審査を行なうアメリカの業界団体)による厳密な審査を通過した IASの不正対策テクノロジーが、高精度かつ効果的な結果をお約束いたします。

キャンペーン最適化

不正サイトや不正インプレションへの広告配信を制御し、無駄な広告費を削減。より堅実かつ効果的なメディアプラン策定をお手伝いします。また、パブリッシャー向けには、リアルタイムシグナルを使った広告在庫の一斉クリーンアップや、ウィルス感染の危険があるデバイスおよびユーザーレベルでの不正対策パッケージもご用意しています。

不正インプレッションに対するアプローチ

私たちはあらゆる不正行為を許しません。そこでIASは、独自の洗練されたツールを開発し、広告が実際のパブリッシャーによって提供され、本物の人間や適切なターゲットオーディエンスに配信されていることを確認する専門のラボを設立しました。これは広告の買い手と売り手の両方にとってROIが最大化されることを目的としたものです。ビッグデータとセッションベースのシグナル分析を使い、インプレッションレベル、またリアルタイムで不正インプレッションを検知し遮断。この工程を広告チャネル、配信環境、クリエイティブフォーマットのすべてに渡って行います。また、さらに踏み込んで、提携パートナーに対してセキュリティに関するリスク警告も行います。

お客様に合ったソリューションをお探しください

Get the answers you need

ご質問やご要望をお知らせください。御社に適したソリューションをご提案いたします。